基礎固めの重要性

梅雨も明け、うだるような暑さが続いていますが、皆さん学習はうまく進んでいるでしょうか? 本日のオンラインの授業では、私立文系の高校3年生の生徒に指数・対数の分野を教えました。彼女は某私大の文系学部を数学で受験希望していますが、通っている高校では数Ⅱ分野の授業がないとのこと。そのため、基本事項の習得に重きをおいた授業になりますが、彼女は熱心に重要事項を押さえようとメモをとっていました。受験生の場合、本格的な過去問演習に入るためには受験校のレベルに沿った基礎固めが夏の間になされていなければなりません。いかなる応用問題であっても、基本事項の組み合わせによって成り立っているからです。まだ成績面での結果を残せていないという生徒も、夏の間は焦らずじっくりと腰をすえて基礎に取り組んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です