私立高校受験で気をつけたいこと

もう始まっているところもありますが、私立高校入試のシーズンです。公立高校が第一志望の生徒であっても、はじめて経験する本番の試験に緊張していることだと思います。

最初から落ちるつもりで試験に向かう生徒はいません。自分と実力相応の学校を受験するうえで大切なのは、普段取れる問題を試験場で確実に得点することに尽きます。そのためには、難問と易問を見極めることが大切です。特に私立高校入試で顕著ですが、時間内に解答することが困難な設問が数問用意されていることがあります。しかし、それらを本番で落としてしまっても合否に影響することは稀です。本番でこのような問題に時間を使いすぎてしまったがために結果的に合計得点が下がり、希望のコース(特進科など)に不合格となってしまう生徒も存在するのです。

それぞれの学校の出題傾向は基本的に一定しているので、いまいちど過去問を使って問題の難易差を確かめておきましょう。また、超直前期のいまだからこそ、参考書や教科書での知識問題(特に、理科と社会)の確認も怠ることがないように。本番で誰もが得点する問題を落としてしまうことが一番恐ろしいことですから。しっかりと準備をした生徒は必ず合格を手にすることができます、最後まで諦めずに頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です