福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

勉強の定着。”理解”を〇〇に!

  • 2020/06/05
  • ブログ

みなさん、こんにちは(^^)/
6月に入り、一段とまた暑くなってきましたね。
例年だと花粉症の時期が終るころには、マスクも段々と使用しなくなってましたが、今年は違います。
感染症対策でマスクを着用することが習慣化していますので、余計に暑く感じますね。
ここで心配になるのが”熱中症”です。
高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、今まで以上に水分補給をこまめに行う必要があります。
しっかりと意識して水分補給を行っていきましょうね!!

さて、学校が始まって数日経ったと思いますが、みなさん久々の学校はどうですか?
久々に友達に会えて、友達と勉強できて楽しいという声を耳にします。
自粛期間中は、一人で勉強を進めていたと思いますが、もう少ししたら学校の定期テストだったり、高校生だと模試も行われますね。
今まで勉強した成果を試すことができる機会がめぐってきます。
勉強したことが定着しているのかどうかはかることができるわけですね。

テストや模試などで大事になってくるのは、勉強した知識が”記憶”できているかどうかだと思います。

人間なので忘れてしまうことはあります。


むしろ”忘れる”ということができなければ日常生活にも支障をきたす恐れもあります。(ここではその話は省力しますね。)

例えば、数学の問題を解いていて、分からない所が出てきたときに、解説で確認し『分かった!理解できたから、次の問題!』とすぐ次の問題に向かうのは良くありません。

これは『忘れる』というよりも『そもそも覚えていなかった』という結果が多いのです。

先ほど述べた、問題を解いていて分からない箇所があったときに解説をみて理解したと思うことは、知識として身に着いたように思えますが、この理解したというのは、言っている事の意味が分かったというだけであって、それが自分の”記憶”になったわけではないのです。

理解していても”記憶”になっていないと意味がないということになりますね。

勉強で“記憶する”ということは解説を見て理解した後、ちゃんと記憶できたかどうか確認する作業が必要です。

解説を読んで、記憶したいところが出てきたら、解説から目を離して自分の頭だけで思い出せるかどうか確認する作業を行ってみてください。
覚えてもすぐ忘れてしまう人は、この作業を定着するまでやることが大事です。

理解したものを記憶する、この作業は大変ですが、テストでいい点数をとるためには必要なことです。

記憶させる方法(勉強法)についてお悩みの方がいれば一度筑紫修学館までお問合せ下さい。
勉強方法も含めてしっかりサポートしたいと思います。

現在無料体験授業を随時受け付けておりますので、ご興味ある方は
①フリーダイヤル(0120-083259)まで電話にてお問い合わせ
②当塾HPのお問い合わせフォームよりお問い合わせ
上記のどちらかの方法でお気軽にお問い合わせください(*´▽`*)

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信