授業の質の向上には

1月も下旬となり、いよいよ私立大学の入試がはじまります。今日授業した学生は入試までで最後の授業でした。過去問をざっと復習して、分からないことを確認して、落ち着いて今まで学んだことを出し切るようエールをおくりました。

通信のトラブルなどを考慮すると、オンライン授業で画面に資料は出すことができるといっても、やはりお互いに手元に教材があるほうが便利であると感じました。初回、2回目の授業はこちらで教材を用意し、レベルを判断して市販の教材を購入してもらって解説するようにすると円滑に授業を進められ、宿題も出しやすいです。その上で、補足の資料などを画面に出すようにするとよりよい授業を行うことができます。扱う教材を準備する時間を節約して予習に時間を充てられると授業の質が向上することでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です