スタッフブログ

みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』です!


6月といえば、高校生や中学生の前期中間テスト1学期期末テスト
7月に入った今もまだ期末テスト真っただ中の高校がありますね。
次は模擬試験がやってきます。
テストの直前はテスト対策をするとして、日々の学習をいかに有効に積み上げていくかがすべてにつながっていくということで、学習センスを磨かなければなりません。

理系を選択しているみなさんは、数Ⅲという壁にぶつかっていることと思います。
極限、微分積分、こんなものこの先どんなふうに役に立っていくんだ?と思って、数学に取り組む疑問すら出てきている人がいたりして。。。
ここでは理系を選択して自分としては極めた!と思っている「私目線」でお話ししてみたいと思います。
どうか、みなさんの数学へのモチベーションがあがりますように。

さて、みなさんはまだ知らないことなのですが、実は高校と大学では数学に対する構えが異なります。
高校生のみなさんにとって数学というと、「問題を解けるようになること」が取り組む目的になっていますよね。
でも、私が所属した工学部(主に物理を学ぶ)では、数学は「物事の現象を理解するための手段」として取り組みます。
つまり、「目的」=物理現象の理解、「手段」=数学なのです。


大学の物理では「微分方程式」と呼ばれるものがどの分野にも頻繁に出てきます。
この「微分方程式」を解くためには、数Ⅲの微分積分ができているということが最低条件となってきます。cosを積分するとsinになる…なんて、高校で学習する範囲について大学の教授にはいちいち確認などしてもらえません。
それらは当然わかっているという前提でどんどん進んでいきます。
実際の物理の問題は立式をし、数学的手法を用いて解き、得られた結果からその数式が表す物理現象に翻訳するというのが主な流れとなるため、物理の問題を解くといっても実はその大半は数学の問題を解いていることになるのです。


ここでどういう問題が生じるかというと、物理の問題を取り扱っているのにそれを記述する数学がわからないから解けないという問題です。
実際に問題をとくときも、物理がわからないというよりは、そこで使っている数学がわからないということが多く、困っている人の大半はこういう状況のようです。
逆に言うと、数学ができるということは大きなアドバンテージになります。
なんと、物理現象がわからなくても、数学ができることで物理の問題が解けてしまうのです。
実際の研究では答えとなる物理現象が明らかになっていないものが多いので、むしろ計算で得られた結果から新しい発見をすることの方が多く、数学ができることはメリットでしかないのです!

ここまでの話を聞くと、大学の物理、数学はひじょうに難しいものだとモチベーションを下げてしまったかもしれませんが、大丈夫!安心してください。
高校生までの範囲をできるようにしておけば理解できるようになってますし、現に私も何とかなりました。
もし、今、高校生で、物理が好きで数学が嫌いだという方がいたら、好きな物理を極めるために数学を勉強するんだ!と思ってがんばってください。
学ぶ数学内容は全部物理に活かされます。

大学以降で学ぶ物理と数学は密接に関わっており、それらがつながる瞬間には感動することまちがいなしです!
その感動を味わうために、そして、単位をもぎ取るためにも(ここ、重要…)、今は目の前の数学の問題に一生懸命取り組んでくださいね!

みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』です!


高校1年生の皆さんは高校生活に慣れてきたころでしょうか?

そんな5月。
高1の皆さんはある選択をせまられます。

そう、「文理選択」です。

「まだ先だし・・・」と思っている間にやってくる「文系理系の選択」。
あっという間に希望調査が始まってしまいます。
「文系の科目は好きだけど、将来なりたい職業が理系分野だからどうしよう・・・」と
悩んでいる生徒から相談を受けました。
確かに悩みどころですよね。。。

そこで今回は文系と理系どちらを選ぶのか、そのポイントをご紹介したいと思います。

文理選択をするにあたり、大切にしたいポイントは2つあります。
1つ目は「今」自分がどうしたいのか、2つ目は「将来」自分が何をしたいのかです。

まず1つ目。
皆さんには、得意教科や苦手教科、あるいは好きな教科と嫌いな教科があると思います。

それをベースに文理を考えるのが最も早くて簡単な方法です。
しかし、国語は好きだけど社会は大の苦手、だったり。
数学は好きだけど理科は全くできない、だったり・・・。
やはり、じっくりと考えた方がいいです。

私は文系に進みました。
想像以上に社会が、特に歴史の勉強はボリュームがありましたね。
大学に入っても勉強しました。
まあ、文系でも理系でもそれなりにボリュームはありますけどね。


文理どちらにするか、なかなか決められないという人は、教科を「自分にとってのランキング」で表してみるとおもしろいです。自分の現状が意外と整理されたりします。
現状を理解したうえで自分がどちらに進みたいのかを考えてみましょう。

次は2つ目。
将来何をしたいかです。

1つ目でお伝えしたように現状自分が何をしたいかというのはとても大切です。
しかし「今」だけを考えてしまうと、近い将来、大学の選択や就職する際に後悔することになります。

自分が大学に進んで何を勉強したいのか、
あるいはどのような職に就きたいのかを大まかにでもいいので考えてみましょう。

もちろんそんなことまだ漠然としか考えていないよという方もいるはずです。

そんなときは、先生や友だちなど周りの人に聞いてみたり、インターネットで調べてみてください。
あ、私にもぜひ相談してくださいね!
お待ちしています!

文理選択はとても重要な選択なので、
将来のことを考えながらしっかり決めていきましょう。

以上、文理選択における大切な2つのポイントでした。

みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』の山本です!

わかるらいぶのブログでは、全国の小・中学生向けの情報として、各都道府県の公立高校入試についてお伝えしています!
第11回目となる今回は、和歌山県の公立高校入試の話です。
和歌山県以外に住んでいる方も、自分の県と比較して、参考にできるところを探してみてくださいね。

■おもな入試の種類と日程

1.連携型中高一貫教育校特別選抜

面接等: 令和4年2月8日
合格内定:令和4年2月15日
合格発表:令和4年3月17日

連携型中高一貫教育校(南部高等学校龍神分校)で実施されます。
田辺市立龍神中学校を令和4年3月に卒業見込みの者が出願でき、面接及び学校が定めた簡便な方法による入試です。

2. 農業科特別選抜〔特別推薦(県内募集)、全国選抜(全国募集)〕

面接等: 令和4年2月8日
合格内定:令和4年2月15日
合格発表:令和4年3月17日

農業に関する学科を設置する高等学校〔紀北農芸高等学校:生産流通科・施設園芸科、南部高等学校:食と農園科(ただし、*調理コースを除く。)〕で実施されます。

*令和4年度和歌山県立高等学校入学者選抜より、南部高等学校の食と農園科において、食文化探究コースを調理師資格が取得できる調理コースに改編し、学科内に定員を設けて募集する予定。

面接及び作文が実施されます。

3.一般選抜

一般出願受付  :令和4年2月21日・22日
本出願受付   :令和4年3月2日・3日
学力検査    :令和4年3月9日
面接、実技検査等:令和4年3月10日
合格発表    :令和4年3月17日

一般選抜を実施するすべての学校・学科(コース等)で行われる入試です。出願は1校1課程1学科(コース等)に限ります。ただし、同一校、同一課程に限り、第1志望として出願した学科(コース等)以外の学科(コース等)を第2志望として出願することができます。
各学校の実施内容についての詳細は「令和4年度和歌山県立高等学校入学者選抜選考基準」を参照のこと。
一般出願の後、県教育委員会は一般出願に係る志願状況一覧表を令和4年2月24日に公表し、受験生は後日、本出願を行うことになります。本出願にあたって、一般出願時に志望した学校・学科(コース等)を1回に限り変更することができます。
学力検査のほかに面接(口頭による検査を含む。)、作文又は小論文、実技(プレゼンテーション等を含む。)による検査を実施する高校もあります。

4.スポーツ推薦

一般選抜と同じ日程で実施されます。

学力検査    :令和4年3月9日
面接、実技検査等:令和4年3月10日

中学校長からの推薦に基づき、特別活動及び校内外の活動等において優れた点が見られ、生活態度が良好である生徒、かつ、指定する競技スポーツに優れた実績、能力をもつ生徒を対象に実施されます。なお、指定する高等学校、競技スポーツ種目及び募集枠については、「令和4年度和歌山県立高等学校入学者選抜のスポーツ推薦実施校、指定競技スポーツ及び募集枠等」参照のこと。一般出願後の志願先の変更はできません。
学力検査(国語、社会、数学、理科、外国語(英語))、各教科50分。及びスポーツ実技検査等を実施します。検査項目や実施時間は高校により異なります。
学力検査、スポーツ実技検査等の結果及びスポーツ推薦書、調査書等を総合して選抜されます。スポーツ推薦で合格しなかった場合は、一般選抜において合否を判定されます。

5.追募集

学力検査等:令和4年3月25日
合格発表: 令和4年3月29日

合格者が募集定員に満たない学科(コース等)で実施されます。総合問題(リスニングテストは含まない。)による学力検査及び面接等です。

6. 再学力検査

新型コロナウイルス感染症に罹患した者など、学力検査(実技検査を含む。)を受検できない場合は、再学力検査を受検することができます。
一般選抜で再学力検査受検許可書を交付した高等学校において、追募集と同期日、同日程で実施されます。

■入試の教科・時間・配点

一般選抜の学力検査の教科は、「国語」、「社会」、「数学」、「理科」、「外国語(英語)」の5教科で実施されます。リスニングテストは、外国語(英語)の検査時間の冒頭で校内放送設備を用いて一斉に行われます。

以下、試験のスケジュールです。

<第1日(学力検査)>

教科時間開始時刻〜終了時刻
集合~9:00
入場~9:25
国語50分9:25〜10:15
社会50分10:30〜11:20
数学50分11:35〜12:25
昼食45分12:25〜13:10
理科50分13:10〜14:00
外国語(英語)50分14:15〜15:05

<第2日(面接・実技検査等)>※実施する場合

実施時間帯・検査内容は、実施校により異なる。

試験時間は各50分です。休憩時間は15分間です。休憩時間は最後の見直しをするとともに、しっかりと休憩をして、次の教科に気持ちを切り替えましょう。

配点は各教科100点満点です。ただし学科(コース等)の特色を考慮し、特定の教科について2倍を超えない範囲で傾斜配点する場合があります。傾斜配点を行う学校については、令和4年度和歌山県立高等学校入学者選抜選考基準を参照のこと。

■学区の有無

2003年に公立高校の学区制を廃止し全県一学区となっています。

■公立高校の一覧

桐蔭高校・向陽高校・海南高校・星林高校・橋本高校・耐久高校・田辺高校・那賀高校・日高高校・粉河高校・和歌山工業高校・新宮高校・和歌山商業高校・神島高校・笠田高校・紀央館高校・熊野高校・箕島高校・串本古座高校串本校舎・和歌山高校・和歌山北高校・貴志川高校・紀北工業高校・紀北農芸高校・有田中央高校・田辺工業高校・新翔高校・和歌山東高校・南部高校

■和歌山県の入試の特徴

 一般選抜では、中学校から提出された調査書等及び学力検査の成績に基づいて選抜が行われます。ただし、面接・実技検査等を実施した学校・学科(コース等)にあっては、その成績も判定資料となります。
 調査書では「評定」、「特別活動に関する特記事項」、「校内外の活動等に関する特記事項」、「観点 別学習状況」等にその他の記載内容を加味し、総合的に評価されます。以下、「評定」の算出の仕方です。

・第1・第2学年の評定
第1・第2学年の9教科の5段階評定の合計を算出(90点満点)

・第3学年の評定
第3学年の9教科の5段階評定の合計を2倍して算出(90点満点)

上記の計180点を満点とします。ただし、調査書に記載されている全教科の評定を対象として、2倍を超えない範囲で傾斜評価を実施する場合もあります。傾斜評価を行う学校については、令和4年度和歌山県立高等学校入学者選抜選考基準を参照のこと。
 これらに基づいて、4段階に分けて合否判定が行われます。
第1段階で募集枠の80%を上限とし、調査書のみでの上位の受験者、学力検査のみでの上位の受験者、面接、実技検査等のみでの上位の受験者で各基準を満たす受験者が合格予定者とされます。第3段階ではスポーツ推薦で合格しなかった人と、第2志望の人を加えて判定が行われます。
 調査書のみや、面接、実技検査等のみでの上位者合格というものがありますので、1年生からの調査書の「評定」や、面接・実技の得意不得意などを考慮して志望校の選定をすると良いでしょう。調査書の「評定」で高評価を得るためには、1年生からの定期テスト対策が必須となってきそうですね。

わかるらいぶで考える和歌山県公立高校入試対策は、過去問題・類題演習を繰り返し行うことを第一として、定期テスト前はその対策を徹底することです。

わかるらいぶでは、生徒一人ひとりに合わせて各都道府県の入試情報を、私立高校情報を含めてお伝えします。
また、出題傾向に従って対策学習ができますので、公立高校入試は安心してお任せください。

オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』 山本

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

わかるらいぶには次のコースがあります。

★個別指導型 1対1オンライン家庭教師

★クラス授業型 オンライン塾(中学生のみ)

お問い合わせは下記まで↓↓↓

TEL:0120-597-980

もしくはこちらをクリック

↓LINEでのお問い合わせはこちら(https://lin.ee/1Cr576Wl7)

HPTwitterもぜひチェックお願いします☆

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』の山本です!

わかるらいぶのブログでは、全国の小・中学生向けの情報として、各都道府県の公立高校入試についてお伝えしています!
第10回目となる今回は、新潟県の公立高校入試の話です。
新潟県以外に住んでいる方も、自分の県と比較して、参考にできるところを探してみてくださいね。

■おもな入試の種類と日程

1.特色化選抜(2月8日)追試験なし

 「特色化選抜推薦書」、「調査書」、「面接の結果」及び面接以外の必要な検査を実施する学校、学科においてはその結果に基づいて、各学校が総合的に審査して選抜を行います。(2022年度は特別化選抜を実施する全31校で面接検査、実技審査、PRシートによる検査の全てが新型コロナウィルス患者急増の為中止され、特色化選抜推薦書と調査書による選抜となっています。)
 特色化選抜合格内定通知書は、2月10日に志願先高等学校より、当該中学校あてに交付され、入学を決めた者は一般選抜の合格者の発表と同時に3月11日に合格者として発表されます。
 合格内定を受けた者は、やむを得ない理由がある場合を除き、他の高等学校に出願することはできません。
 特色化選抜の結果、合格内定の通知を受けなかった者は、特色化選抜で志願した学校、学科を含め、新潟県立高等学校及び新潟市立高等学校の一般選抜に出願することができます。
 学校・学科による差はありますが、2022年2月現在、志願倍率は0.57倍。
 各学校の求める生徒像については、新潟県教育委員会より公示されています。webサイトで確認しましょう。

2.一般選抜(3月3日 ※追試験3月8日)

 ※学校独自検査を実施する場合の本検査(3月4日 ※追検査3月9日)
 ※新型コロナウイルス感染症罹患者等のための特別追検査(3月22日)

 新潟県立高等学校及び新潟市立高等学校の全日制、及び定時制の全ての高校で実施される入試です。学力検査が実施され、その結果と調査書の「各教科の学習の記録」で合否が判定される入試です。学校独自検査を実施する学校は、これに独自検査の得点を加味して選抜します。
 願書提出後に一度だけ、学校・学科等の志望変更が認められています。また、第2志望まで出願できる学校・学科もあります。
 合格発表は志願先高等学校で3月11日に行われます。

■入試の教科・時間・配点

 特色化選抜の学力検査は、面接のほかに必要と認める検査を実施する学校もあります。面接以外の検査を実施する学校、学科および実施する内容については新潟県教育委員会より公示されています。webサイトで確認してください。
 また、一般選抜の学力検査は、「国語」、「数学」、「英語」、「社会」、「理科」の5教科について、新潟県教育委員会が作成した問題による実施です。英語の試験では聞取りテストが試験時間内に実施されます。
以下、試験のスケジュールです。

 教科検査時間
国語10:00〜10:50
数学11:10〜12:00
英語13:00〜13:50
4社会14:10〜15:00
5理科15:20〜16:10

試験時間は各教科50分、次の教科までの休憩時間は15分間です。休憩時間は最後の見直しと休憩の時間にあて、次の教科に向けて気持ちを切り替えましょう。
配点は各教科100点満点、5教科合計500点満点です。ただし一部の高校では指定する教科の配点をその他の教科の2倍とする傾斜配点を実施しています。
 学校独自検査を実施する学校の学力検査は次のいずれかになります。実施校が独自に作成した問題等による実施です。
(1)面接   (2)PRシート    (3)実技検査
(4)課題作文 (5)筆答検査    (6)その他の検査

詳しい内容は、新潟県教育委員会より学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等が公示されています。webサイトで確認してください。

■学区の有無

 2008年に学区制廃止。県内どこからでも県内の公立高校80校すべてを受験できるようになっています。

■新潟県の入試の特徴

 一般選抜では、調査書と学力検査の得点から、各学校・学科によって決められた比重で算出した総合得点をもとに判定されます。2022年度は、調査書:学力検査の比重は、3:7、4:6、5:5のいずれかの方法で実施されます。詳しくは新潟県教育委員会より学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等が公示されています。webサイトで確認してください。
 新潟県の調査書(内申点)の対象については、中学1年生から3年生までの評定が同等につきます。9教科×5段階×3学年=合計135点満点です。1年生の時から、定期テスト対策をしっかりと行い、内申点アップに努める必要がありますね。また、中学生活での取り組みや検定・資格の加点も考慮されます。学校の行事などに積極的に参加し、興味のある検定などにもチャレンジしてみるのも良いでしょう。
 そうは言っても、評価の半分以上は学力検査の評価が占めているので、当日の学力検査の対策もしっかりと進めていきたいです。定期テスト対策、受験勉強を両立させ、計画的に勉強を進めていく必要が あります。

 わかるらいぶで考える新潟県公立高校入試対策は、まずは定期テストの対策に力を入れ、定期テストが落ち着いたタイミングで、入試の過去問題、類題演習を繰り返し行い、当日の学力検査対策を徹底することです。

 わかるらいぶでは、生徒一人ひとりに合わせて各都道府県の入試情報を、私立高校情報を含めてお伝えします。
 また、出題傾向に従って対策学習ができますので、公立高校入試は安心してお任せください。

オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』 山本

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

わかるらいぶには次のコースがあります。

★個別指導型 1対1オンライン家庭教師

★クラス授業型 オンライン塾(中学生のみ)

お問い合わせは下記まで↓↓↓

TEL:0120-597-980

もしくはこちらをクリック

↓LINEでのお問い合わせはこちら(https://lin.ee/1Cr576Wl7)

HPTwitterもぜひチェックお願いします☆

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

こんにちは!ネット塾わかるらいぶの坪井です。
今回はいよいよ共通テストの大問6に突入です!大問6は配点も24点と高く、一問一問正確に答えていく必要があります。大問1から解き進む方は、この大問6の前で少し休憩を挟んで集中力を回復して臨みましょう!
2022年の大問6は英文量が昨年よりも増加し、語彙レベルも上がっていました。
そのため、今回はいくつかのpartに分けて、分析と対策をしていきたいと思います!

問題A
まずは2021年の問題からおさらいしておきましょう。問題Aではアイスホッケーをより安全にする方法について話合った内容を読んで解く形式でしたね。
2022年の大問6のAの形式自体は2021年と同じでしたね。テーマは「朝型?夜型?」というものでした。
皆さんはどちらですか?受験生の中には朝早く起きて勉強しています!という方もいるかもしれませんね。自分の高校時代を振り返ってみると…完全に夜型でした😅
試験の日の朝などは早く起きようと頑張るのですが、結局いつもの起床時間になっちゃうんですよね…。しかも早く起きて頭使うと、お昼ご飯前にお腹が空いてしまい、結果お腹の音が気になり集中できない病でした笑 今の生活を振り返ってみても夜型です笑
さて、そんな話はさておき、2022年の大問6は少し意地悪でしたね。。。いきなり第一段落から” “で囲まれた見慣れない単語のオンパレード。”diurnal”?”nocturnal”?なんだこれは…!心折れかけた受験生もいたかもしれませんね。

Point 1 知らない単語が出てきたときこそ落ち着こう
知らない単語が文中にあると、まず焦りますよね。ただ、落ち着いて見てみると、案外意味を予想して読み進めることができることが多いです。例えば、上記の”diurnal”と”nocturnal”を知らなかったとしましょう。その際に、この単語が使われている文全体に注目します。
Creatures active during the day are “diurnal” and those emerging at night are “nocturnal”.
見逃せないのは、andです!
Creatures active the day are “diurnal”
and
those emerging at night are “nocturnal”
並べてみると、文と文を繋いでいることが分かり、the day と at night が反対言葉ですね。
これだけ分かれば十分です!
設問1は Creatures active the day を言い換えたものだと分かるので、さくっと答えられそうですね。


さて、今回は長くなりそうなのでここまでにしておきましょう!
もうすぐ春休みですね。
分からない所・苦手な所をそのままにせずに新しい学年に上がる前に解消しておきたいですよね!
わかるらいぶでは、春期の講習会も実施します。
まずは、無料の体験授業に参加してみてください!
申込はこちらです。



みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』の山本です!

わかるらいぶのブログでは、全国の小・中学生向けの情報として、各都道府県の公立高校入試についてお伝えしています!
第9回目となる今回は、佐賀県の公立高校入試の話です。
佐賀県以外に住んでいる方も、自分の県と比較して、参考にできるところを探してみてくださいね。

■おもな入試の種類と日程

1.特別選抜(2月8日)
受験実施校は、スポーツ推進協議実績枠(全日制 22校)、スポーツ推進学校希望枠(全日制 29校)、文化芸術推進教育課程枠(全日制 3校)、文化芸術推学校希望枠(全日制 18校)となっています。指定校一覧は佐賀県教育委員会のホームページに掲載されています。
学力検査、実技検査及び面接が実施されます。願書提出後の学校、学科、指定競技・分野などの志願変更は認められておらず、特別選抜の合格者は、一般選抜の応募資格を失います。
合格発表は志願先高等学校および各校のホームページにおいて、2月15日に行われます。

2.一般選抜(3月8日、9日 ※追試験は3月22日に実施)
全ての高校で実施される入試です。学力検査及び面接が実施され、その結果と調査書の学習評定で合否が判定される入試です。願書提出後に一度だけ、学校・学科等の志望変更が認められています。
合格発表は特別選抜同様、志願先高等学校で志願先高等学校および各校のホームページにおいて、3月15日に行われます。(追検査実施の場合は3月23日の発表です。)

■入試の教科・時間・配点

特別選抜の学力検査は、「英語」、「数学」、「国語」の3教科について、佐賀県教育委員会が作成した問題による実施です。英語においてリスニングテストの実施はありません。また、実技試験が実施されます。
以下、試験のスケジュールです。

教科  検査時間

1 国語 9:00〜9:25
2 数学 9:45〜10:10
3 外国語(英語) 10:30〜10:55

試験時間は各教科25分、次の教科までの休憩時間は20分間です。配点は実施要項に詳しく掲載されていますので、気になる方はそちらをご確認ください。

また、一般選抜の学力検査は、「国語」、「数学」、「社会」、「理科」、「英語」の5教科について、佐賀県教育委員会が作成した問題による実施です。英語の試験ではリスニングテスト、国語の試験では聞き取りテストが試験時間内に実施されます。高校によっては、上記の教科に加えて実技試験が課される場合もあります。(その場合、第2志望、第3志望の場合も実技試験は実施されます。)また、数学及び英語については、追加問題(各15点)が実施される場合もあります。
以下、試験のスケジュールです。

《1日目》
教科 検査時間
1 国語 9:20〜10:10
2 理科 10:30〜11:20
3 外国語(英語) 11:40〜12:30

《2日目》
教科 検査時間
1 社会 9:20〜10:10
2 数学 10:30〜11:20

試験時間は各教科50分、次の教科までの休憩時間は20分間です。休憩時間は最後の見直しと休憩の時間にあて、次の教科に向けて気持ちを切り替えましょう。
配点は各教科50点満点、5教科合計250点満点です。ただし一部の高校では傾斜配点を実施しています。

■学区の有無

2学区が設けられています。

■公立高校の一覧

【東部学区】
佐賀東高校、佐賀西高校、佐賀北高校、致遠館高校、鳥栖高校、小城高校、神埼高校、三養基高校

【西部学区】
唐津東高校、唐津西高校、厳木高校、伊万里高校、武雄高校、鹿島高校、白石高校、太良高校(全県募集枠以外)

■佐賀県の入試の特徴

一般選抜では、学力検査、面接の結果、内申書から総合的に判定されますが、その際、2つの異なる選考方法(選考Ⅰ、選考Ⅱ)により審査されます。選抜に用いる配点の中で『学力検査の評価の割合』をどの程度重視するかによって選抜が分けられており、それぞれの『学力検査の評価の割合』は以下の通りです。

選考Ⅰ…全体の評価のうちの50〜70%
選考Ⅱ…全体の評価のうちの70%程度

選考Ⅰの募集人員は定員の10〜30%の範囲で学校ごとに定められ、選考Ⅱの募集人員は、募集定員から特別推薦及び選考Ⅰ合格者を差し引いた人数となります。先に調査書等の配点が高めに設定された選考Ⅰ、次に学力検査の配点が高めに設定された選考Ⅱが行われるので、第一段階として、調査書や面接の結果が重要になってきます。

佐賀県の内申点の対象については、中学1年生から3年生までの評定が同等につきます。9教科×5段階×3学年=合計135点満点です。1年生の時から、定期テスト対策をしっかりと行い、内申点アップに努める必要がありますね。学校の行事などにも積極的に参加するようにしておくと良いでしょう。
そうは言っても、評価の半分以上は学力検査の評価が占めているので、当日の学力検査の対策もしっかりと進めていきたいです。定期テスト対策、受験勉強を両立させ、計画的に勉強を進めていく必要があります。

わかるらいぶで考える佐賀県公立高校入試対策は、まずは定期テストの対策に力を入れ、定期テストが落ち着いたタイミングで、入試の過去問題、類題演習を繰り返し行い、当日の学力検査対策を徹底することです。

わかるらいぶでは、生徒一人ひとりに合わせて各都道府県の入試情報を、私立高校情報を含めてお伝えします。
また、出題傾向に従って対策学習ができますので、公立高校入試は安心してお任せください。

オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』 山本

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

わかるらいぶには次のコースがあります。

★個別指導型 1対1オンライン家庭教師

★クラス授業型 オンライン塾(中学生のみ)

お問い合わせは下記まで↓↓↓

TEL:0120-597-980

もしくはこちらをクリック

↓LINEでのお問い合わせはこちら(https://lin.ee/1Cr576Wl7)

HPTwitterもぜひチェックお願いします☆

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

今回はいよいよ後半の問題、大問5に突入です!
大問5はそう、”プレゼン資料のスライドまとめ”問題です。
これは昨年に引き続き今年も同じ形式でしたね。
昨年のテーマは、芸達者な牛のお話でしたね(今気が付きましたが、たまたま?去年は丑年でした)
伝記物のような話で登場人物が3人以上になったら、必ず「名前」を走り書きし、どいうキャラクターか、主人公との関係などを書いておくと、話の筋から逸れずに読むことができますよ。古文の読解でも使えるので、人物相関図は人数が多くなったときは書いた方が確実性が増します。

さて、今年の問題の分析と対策に移りましょう!

今年の問題テーマは「テレビを発明したのは誰か」というテーマでした。
最近はテレビ離れが深刻なようで、生徒とテレビ番組の話がかみ合わないこともしばしば…。
そんなテレビを発明した方の話です。
今回は、企業名が多く出てくるため、企業と発明家の関係を簡単に走り書きしておくといいですね。

Point➊ 登場人物(動物・企業・団体・組織)はその特徴をメモしておこう

問題の本文ですが、この大問5からは割と一文一文が長く、関係詞も使われたりと大問4までとは打って変わって読みづらく感じる受験生もいるかもしれません。
最初から本文に入ると、英文の量的にも、大事な所(設問で問われているところ)が読み終えたときには曖昧になってしまいます。これはもうおなじみですので、今更いう必要もないかもしれませんが、

Point➋ 設問から答えになる部分を探そう

ですよね!

そして、今年の問題の大問5のミソは、設問を解く順番にあります。

Point➌ タイトル付ける問題は最後に!

これです。いじわるなことに、一番最初の設問でサブタイトル(副題)を付けさせる問題が登場しています…。
素直な方は最初にこの問題に取り掛かり、一旦全部読み、設問2で拾い読み、時折曖昧になって戻ってもう一回読み…としているうちに時間を消費してしまいますよね?
これは明らかに罠です笑
サッと飛ばして、設問2のスキャニングで解ける問題からやりましょう。
そして、「プレゼン資料」なので要点がまとめられていますから、これを基に、サブタイトルを見つけてあげれば時間の短縮につながりますよ。

後半あたりで時間切れに悩んでいる方は、配点の高い後半の問題から始めるのも対策の一つです。
練習問題などで、試してみて、一番安定感のある順番を見つけておくと本番でも自信をもって臨めます!

ネット塾わかるらいぶでは、無料体験授業を実施中です。
50分の授業で、学校課題で困っているところ、試験の対策をしたい、受験相談をしたい…などなど、マンツーマン指導で、皆さんの不安を解消します!無料体験をぜひ、受けてみてください😄
お申込みはこちらから → http://www.ganbari.com/wakaru-live/contact/
LINEからでもOKです  → ID:@499zrssr 友達追加後に話しかけてくださいね!

次回のblogもお楽しみに!
ネット塾わかるらいぶ
坪井

こんにちは!ネット塾わかるらいぶの坪井です。
今回は共通テスト英語リーディング大問4の分析と対策です。
いよいよリーディングの分析も後半戦に入ってきましたね。このあたりから配点も大きいので慎重かつスピーディーに解いちゃいましょう!

今年の大問4のお題は、中古vs新品 でした。皆さんはどっち派ですか?
私は圧倒的に新品派です笑
英文自体はとても読みやすいものでしたが、いくつか注意点がありました。

point1
“warranty”と”guarantee”
直接問題にはなっていませんが、この2つの「保証」の違いは私立対策としても知っておきましょう。
warranty = 品物の保証
guarantee = 品物以外にも使える

point2
割引・特典
下のblogには表の下の分に割引・特典が盛りだくさんで書いてあります!
ここを見落とさないように、共通テストで「価格」を見たら→→「割引・特典などなんかあるぞ!」この思考は大事です。

2021年の大問4との比較

実はこの大問4が共通テストの英語リーディングにおいて一番厄介な問題だと思っていました。
というのも、2021年の問題に代表されるように、スケジュールに絡めた時系列や場所が問われることが多かったからです。素早い読解と正確な把握が必要とされ、大問1から解くタイプの受験生はこの大問4で大きく集中力を使わされるいわば鬼門とも呼べる問題でした。
しかし、2022年の問題からはタイムスケジュールが消え、かなり解きやすくなったと言えます。

どうなる?2023年の大問4

個人的には2021年の形式の大問4がまた登場するのではないかと睨んでいます。
語数は年々増加の傾向にありますから、今年の受験生は正確かつ素早く情報を拾うスキルが求められます。
2021年形式の大問4に慣れていれば、大問1-3はかなり楽になるはずです。
共通テスト攻略のいい練習素材としても、大問4を中心にまずは練習を積んでおくというのもオススメの方法です。

ネット塾わかるらいぶでは、無料体験授業を実施中です。
50分の授業で、学校課題で困っているところ、試験の対策をしたい、受験相談をしたい…などなど、マンツーマンで、皆さんの不安を解消します!
無料体験をぜひ、受けてみてください😄
お申込みはこちらから → http://www.ganbari.com/wakaru-live/contact/
LINEからでもOKです  → ID:@499zrssr 友達追加後に話しかけてくださいね!

次回のblogもお楽しみに!
ネット塾わかるらいぶ
坪井

みなさん、こんにちは(^^)/
オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』の山本です!

わかるらいぶのブログでは、全国の小・中学生向けの情報として、各都道府県の公立高校入試についてお伝えしています!

第8回目となる今回は、愛知県の公立高校入試の話です。
わかるらいぶにも愛知県に住んでいる生徒さんがいらっしゃるので、こちらの紹介をします。
愛知県以外に住んでいる方も、自分の県と比較して、参考にできるところを探してみてくださいね。

■おもな入試の種類と日程

1.一般入学者選抜

《学力検査》
Aグループ:3月7日
Bグループ:3月10日

《面接・特別検査》   
Aグループ:3月8日
Bグループ:3月11日

  • 特別検査は実施する学科のみです。
    音楽科については2月27日、28日にも一部の特別検査を行います。

すべての高校で実施される入試です。この一般入学者選抜では、学区・群・グループなどのルールをふまえた上で、2校まで受験することが可能です。普通科は尾張学区、三河学区の2つの学区に分かれており、自分が住んでいる学区の高校に進学することができます。尾張学区はさらに、尾張一群と尾張二郡に分かれており、尾張学区では受験したい高校のある群を選んで出願します。また、愛知県の公立高校はAグループとBグループにグループ分けされていて、グループごとに入試日程が異なります。2校に出願する場合は、同じ群のAグループ、Bグループからそれぞれ第一志望校、第二志望校を選んで出願します。もちろん、第一志望1校に絞って出願してもよいです。

主要5教科の学力検査、面接、その結果と調査書の学習評定で合否が判定される入試です。合格発表は3月18日に行われます。

2.推薦選抜

すべての高校・学科で実施されます。志願先の一般選抜に第一志望として出願し、志願校の条件を満たし、かつ中学校長の推薦を得た者のみ志願することができます。募集定員は普通科で募集人員の10~15%程度、専門学科・総合学科が30~45%程度です。内申書・推薦書などの内容、面接、特別検査(実施学科のみ)の結果で合否が判断される入試です。学力検査は実施されますが、その成績は合否の判定には使用されません。推薦選抜で合格とならなかった場合は、一般選抜の対象となります。その際は推薦選抜のとき行った学力検査、面接の結果が合否判断の資料となります。

合格発表は3月18日に行われます。

■入試の教科・時間・配点

学力検査の教科は、「国語」、「数学」、「社会」、「理科」、「英語」の5教科で実施され、県下同一問題です。英語については、リスニングテストが行われます。以下、試験のスケジュールです。Aグループ、Bグループともにこの通り実施されます。

教科時間開始時刻〜終了時刻
集合8:30
入場8:50
国語45分9:10〜9:55
数学45分10:20〜11:05
社会45分11:30〜12:15
昼食50分12:15〜13:05
理科45分13:15〜14:00
英語(聞き取り)10分14:25〜 (10分程度の試験ののち待機)
英語(筆記)40分14:50〜15:30

試験時間は英語のリスニングテストが10分、筆記テストが40分の合計50分、その他の4教科は45分です。試験開始の前に問題配布の時間が5分設けられており、各教科の休憩時間は20分間です。休憩時間は最後の見直しをするとともに、しっかりと休憩をして、次の教科に気持ちを切り替えましょう。

配点は各教科22点満点、5教科合計110点満点です。ただし一部の高校では傾斜配点を実施しています。

■学区の有無

全日制普通科の学区は、2つの学区に分かれており、尾張学区については、さらに2つの群に分けられています。
そこからさらに、Aグループ、Bグループにグループ分けされています。

■公立高校の一覧

【尾張学区】

《第一群》

・Aグループ

旭丘高校、惟信高校、昭和高校、熱田高校、豊明高校、日進西高校、犬山南高校、江南高校、小牧高校、一宮南高校、半田東高校、緑高校、名東高校

*1・2群共通校
松蔭高校、一宮北高校、尾西高校、津島高校、海翔高校、常滑高校、内海高校

・Bグループ

名古屋西高校、中村高校、鳴海高校、天白高校、日進高校、東郷高校、尾北高校、丹羽高校、一宮西高校、半田高校、菊里高校、富田高校

*1・2群共通校
春日井東高校、犬山高校、小牧南高校、木曽川高校、美和高校、大府東高校、阿久比高校、東浦高校、武豊高校

《第二群》

・Aグループ

明和高校、名古屋南高校、瀬戸西高校、春日井高校、春日井西高校、高蔵寺高校、長久手高校、新川高校、一宮高校、津島北高校、稲沢東高校、東海南高校、大府高校、向陽高校、山田高校

*1・2群共通校
松蔭高校、一宮北高校、尾西高校、津島高校、海翔高校、常滑高校、内海高校

・Bグループ

千種高校、守山高校、瑞陵高校、瀬戸高校、春日井南高校、旭野高校、西春高校、一宮興道高校、津島東高校、五条高校、横須賀高校、桜台高校、北高校

*1・2群共通校
春日井東高校、犬山高校、小牧南高校、木曽川高校、美和高校、大府東高校、阿久比高校、東浦高校、武豊高校

【三河学区】

・Aグループ

衣台高校、豊田北高校、豊田南高校、加茂丘高校、足助高校、岡崎高校、岡崎西高校、岩津高校、刈谷高校、安城高校、西尾東高校、一色高校、高浜高校、豊丘高校、豊橋南高校、福江高校、国府高校、御津高校

・Bグループ

豊田西高校、豊田高校、豊野高校、松平高校、三好高校、岡崎北高校、幸田高校、碧南高校、刈谷北高校、安城東高校、安城南高校、西尾高校、吉良高校、知立東高校、時習館高校、豊橋東高校、成章高校、小坂井高校、蒲郡東高校、田口高校

■愛知県の入試の特徴

一般選抜では、受験した高校・学科における校内順位によって合格者が決まります。まず、内申点(90点満点)と学力検査点(110点満点)の両方の順位が合格圏内にある受験者から、調査書、面接の結果を資料として総合的に判断します。次に合格圏内に入らなかった者について、各高校が以下A~Cのいずれかの方法を選択して得られた数値とその他の資料を総合的に判断して順位付けを行っていくという手順です。

A…内申点+学力検査合計得点
B…内申点×1.5+学力検査合計得点
C…内申点+学力検査合計得点×1.5

第一段階で合格圏内に入ることが一番ですが、自分の志望校の第二段階における学校裁量部分の選択についてはあらかじめ確認をしておきましょう。

愛知県の公立高校入試では、すべての受験者に対して面接が実施されるので、面接の対策が必要です。また、調査書の内申点は第3学年の9教科のみが対象となり、5段階評価で合計90点満点となります。(ただし美術科や音楽科などの一部の学科では、傾斜配点が実施されます。)学力検査については、問題数・出題分野・出題形式など毎年の傾向はほとんど同じ、ワンパターンとなっており、対策はしやすいと言えるでしょう。

わかるらいぶで考える愛知県公立高校入試対策は、過去問題・類題演習を繰り返し行うことを第一として、定期テスト前はその対策を徹底することです。

また、愛知県の公立高校の入試制度は、2023 (令和5) 年度の入試から変更になります。主な変更点としては、①一般選抜の学力検査が2回から1回になること、②推薦選抜の時期が早まること(具体的な実施時期については現在未定)、③一般選抜で面接の実施が実施されるかどうかは、高校ごとに決定され、事前に公表されることの3点です。

そして、中学校長の推薦を必要とせず、高校・学科の特色を生かした「特色選抜」が新たに追加されます。今後具体的な実施校・学科・時期などが決定されていくので、2023 (令和5) 年度以降の入試を受験予定の方は、随時確認していきましょう。

わかるらいぶでは、生徒一人ひとりに合わせて各都道府県の入試情報を、私立高校情報を含めてお伝えします。
また、出題傾向に従って対策学習ができますので、公立高校入試は安心してお任せください。

オンライン家庭教師 ネット塾『わかるらいぶ』 山本

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

わかるらいぶには次のコースがあります。

★個別指導型 1対1オンライン家庭教師

★クラス授業型 オンライン塾(中学生のみ)

お問い合わせは下記まで↓↓↓

TEL:0120-597-980

もしくはこちらをクリック

↓LINEでのお問い合わせはこちら(https://lin.ee/1Cr576Wl7)

HPTwitterもぜひチェックお願いします☆

◆◇==*==*==*==*==*=*==*=*==*=*==*=*==*=*◇◆

こんにちは、ネット塾わかるらいぶの坪井です。
本日は火曜日に引き続き、共通テスト2022年の英語リーディング大問3の分析と対策についてお話したいと思います。

大問A

2021年の大問3に引き続き今年もUKを題材にした英文でした。
昨年はイギリスのホテルに問い合わせのメールを送った文章を答えさせる問題、今年は「日本文化が他の国からどのように見られているか」というテーマについてのイギリス人ブロガーの記事を読んで答えるという問題でしたね。

2021年の問題文の方が、最初の問い合わせの内容がつかみやすく、ホテル側の答えもそれに基づく内容と推測できるため非常にやりやすかったと思います。
しかし、今年の問題については、「どのように見えているかの反応」について書かれているため、事前の予測が難しいという点で、少し最初の読解に時間が掛かった受験生もいたかもしれません。内容自体はかなり読みやすいので、ここも全問正解で突破したい所です。

この手の話の内容が予測できそうにない文章に当たった場合、少しでも読解スピードを上げるためのコツとして、
「設問から書かれている内容のヒントをつかむ」
ことをしてみるのも一つの手です。

今回の大問3には、設問の上の部分(文章のあと)に “A slice of Japan”という見出しのイラストが載せてありましたね。こちらをヒントに、するとよさそうなのですが、ここで注意点!

イラストはざっくり掴む
です。ここで焼き鳥とたこ焼きだー♪という細部に気を取られるのではなく、その上の food standsなどの「見出し」
ここに注目しておくべきです。
さっと、大まかな情報を掴んで、屋台とActivityと伝統芸能について書かれているんだな、ぐらいの認識で止めて本文、設問に進みましょう!

大問B

続いてもUK関連の文章でしたね。
この大問Bはできごとが起こった順に並び替えさせる問題がポイントになります。

順序並べ問題は、

選択肢の主述部分を訳しておく
です。この選択肢は本文に全て書かれている事実です。ということは、必ず本文に似たような表現で出てきますよね?どこかに罠が潜んでいますので、選択肢の動作と動作主はしっかりと押さえておきましょう!

今回はminibusの存在が受験生を惑わせています…。
登山のイメージに引っ張られて、うまく問題文中に潜ませていますね。
直接の記述がないのもちょっといじわるな問題かもしれません。

とうわけで、この大問3のB問題は序盤の設問の中でも特に注意深く取り組む必要のある問題です。
後半に行くにしたがって、集中力は低下しますので、最初にこの大問3から済ませておくというのも得点が伸び悩んでいる方にはいいかもしれませんよ。

わかるらいぶでは、一人一人の苦手単元や志望校・学校の進度に合わせた指導を行っています!
まずは体験授業で実際の授業を受けてみてください!
試験前で分からない所を解決したいなんて使い方も大丈夫ですよ。

☆★☆★ただいま無料体験実施してます★☆★☆
お申込みはこちらから → http://www.ganbari.com/wakaru-live/contact/
LINEからでもOKです  → ID:@499zrssr 友達追加後に話しかけてください

次回のblogもお楽しみに!
わかるらいぶ
坪井

LINEで気軽にご質問

LINEで気軽にご質問