時間が選べる・成績が上がる 学習塾

福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

学校紹介:久留米大学附設中学校

  • 2021/12/19
  • ブログ

学校の特色

・福岡県内では最もレベルの高い、全国屈指の難関私立中学校です。
・長らく男子校でしたが、2013年度より男女共学になりました。男子のみ寮が設置されているため、男子に関しては全国各地から入学者が来ています。
東京大学京都大学などの旧帝大をはじめ、難関国公立/私立大学に多くの合格者を輩出しています。その中でも医学部への進学実績には目を見張るものがあります。在校の高校3年生に対する医学部への現役合格者の割合が全国 1 位に輝いた年も あり、「医学部に強い中高一貫校」として全国にその名を轟かせています。男女共学化以降の女子の進学実績も上々で、女子の医学部進学率も全国屈指の状況となっています。
・中学1,2年次には発展的な課題や自由研究の作成と作品展を実施し、中学3年次には中学生活の集大成として卒業論文の制作に取り掛かります。長期休暇期間中に調査や実験を重ね、まとめ上げることや、創造的な芸術作品を制作することで、自主学習の楽しさや学問/芸術の奥深さを体験させ、人間としての大きな成長を促進しています。
・進路学習の一環として、卒業生を講師として招き、様々な職業をテーマに講座を開講する「進路講座」を開催しています。社会の第一線で活躍しながらも、生徒にとっては最も近くに感じられる卒業生の話は、生徒に学ぶことの面白さを感じてもらうことをねらいとしています。
・伝統的な学習指導が続く一方でICT教育にも力を入れています。タブレットの配布も行っており、 ICT教材の面だけでなく将来に必要なツールとして「使いこなす力」を養う目的を併せ持っています。

入試の特徴

・他の福岡県内の私立中学の入試が一通り終了した後の1月下旬(大学入学共通テスト翌週の土曜日)に入試が実施されます。
・定員160名に対して、例年600~700名ほど出願するため、志願倍率は4~5倍前後と非常に高くなる傾向が強いです。
・国語と算数の配点が150点となっています。そのため国語と算数のテストの結果が合否を大きく左右しますが、問題の難易度も高いので、確実に取れる問題で点数を稼ぐことが必要です。
・国語の試験では聞き取り問題が出題されます。聞き取り問題では慣れが大きく点数に影響しますので、ラジオなどを使って慣れておくと効果的です。
合格最低点受験者全体の平均点より約20点ほど高く設定されることが多いです。例年の傾向としては65%(325点/500点)を目安に学習に取り組むと合格に近づきます。

久留米大学附設中学校への進学を目指す方におススメのコースはこちら↓↓

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信