福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

春期講座を振り返ろう!~筑修コアゼミ編

  • 2020/04/03
  • ブログ

みなさん、こんばんは(^^)/

福岡県の多くの学校で休校期間の延長が発表されてしまいました・・・
特に受験を勝ち抜いた新高1の生徒にとっては、あこがれの高校生活が先延ばしになったことからショックを感じている子もいます。

しかし、こんな時こそ逆転の発想で考えてみましょう!
自宅で学習する期間が増えた=学校の先取り学習をする時間が増える!と考えることができるのです!

どうしてもマイナスに考えがちな今の世の中ですが、何事も前向きに考えれば後々必ず自分のためになります。
これから休校期間中の学習計画をしっかりたててみましょう!

さて、本日は筑修コアゼミの春期講座が最終日でした。
(明後日に実力判定テストが控えていますが、授業は今日で終了です)

あっという間に2週間の講座期間が過ぎ去った春期講座、ここではその様子を振り返ってみようかと思います。

この2週間、生徒はそれぞれのスケジュールに合わせて、各自カスタマイズされたカリキュラムにあわせて学習を行いました。
ある生徒は新しい学年の内容の予習を行っていれば、別の生徒は自分の不安なところを総復習、またある生徒は英検対策・・・と次から次へと様々な単元の学習を行っていました。問題が解けたかどうかを確認する先生ことコアゼミトレーナーも、一人ひとりの解答をこまめに確認して1つ1つ丁寧にアドバイスをしていました。
この春休みでどれくらい成長したのか、明後日のテストが今から待ち遠しいです。

長時間の学習を行っていると息抜きが必要にはなってきます。
そんな息抜きもただおしゃべりするよりも、息抜きしながらも何か学習できるといいものですよね?

先生たちも試行錯誤しながらコアゼミ学習以外のことにも取り組んでいました。
大橋本校では、橋本先生監修のもと、漢字クイズ大会を行っていました。
あるお題に関する漢字などを制限時間内に思いつくだけ書いて、みんなで順番に隠し合っていくというもの。
普段から本などにしっかり目を通している生徒は次から次へと答えが出てきます。

その中で最も盛り上がったテーマは「知っている四字熟語を出そう」。最初に先生たちがどれくらい答えられるかを予想するのですが、先生たちの予想を聞いた瞬間、負けず嫌いの心に火がついて、どんどん言葉が出てくるのです。

メリハリのある学習、それが筑修コアゼミの大きな特徴でもあるのです。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信