~安心して勉強できる学習環境~筑修は新型コロナ感染防止対策に全力で取り組んでいます!

福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

国語で必要な力は”〇〇力”

  • 2020/09/18
  • TOP新着

みなさん、こんにちは(^^)/
本日もスタッフブログを読んでいただきありがとうございます。

9月も中旬になりだいぶ涼しくなってきました。
季節の変わり目は特に体調を崩しやすくなりますので、体調管理はしっかりと行うようにしましょうね!!

さて、2学期の中間テストや前期期末テストがもうそろそろある学校も多いと思います。そんな中ある生徒が「国語全般苦手なんです。どうやったら点数上がりますか?」と先生に質問をしていました。

たしかに国語は何をすれば点数が取れるのかはっきりしていません。

なぜなら、国語で良い点数を取るには多くの学力が必要だからです。

1、言葉をたくさん知っている。(語彙力)
2、文章を読んで正しく理解する。(読解力)
3、自分の考えなどを表現する。(表現力)
4、漢字や国文法などの知識(暗記力)

ですから、日本語の総合力で国語の成績は良くなります

では読解力はどのようにして上げれば良いのでしょうか?

読解力を上げるための方法は1つ!『読む』ことです。

受験生であれば、全国の入試の過去問の文章を何度も繰り返し読むと良いです。学校の教科書やワークでも良いでしょう。
もちろんただ読むだけではなく、新しい言葉に出会ったときやわからない言葉があれば必ず辞書で調べる、知らない表現があればそれをしっかり記憶に刻む、という意識を持った上で、コツコツと『読む』練習をしましょう。

国語の勉強は数学や理科と違い、問題を解いて解法を覚えたり、学習後すぐ結果が現れたりといった急激な変化はありません。
そのため、国語の勉強時間をあまり取っていなかったり、後回しにしてしまうことが多いですよね。

しかしながら、国語はすべての科目の土台となるものです。

文章を『読む力』・『理解する力』をしっかり身に付けることで他の科目の成績も飛躍的に上がります。
読解力が上がれば問題文を読むのにかかる時間が短くなりますし、問題が何を問うているのかを早く理解できるので、それだけ早く問題に取り掛かれます。

一方、読解力がないと、問題を解きはじめるまでに大きく時間をロスしてしまいます。

読解力を養うために、毎日コツコツと『読む』練習をしましょう!

定期テストが近日ある学校も多いと思います。
筑紫修学館では定期テスト対策講座を開講しますので、テストの点数を上げたい方、苦手を克服したい方など是非一度テスト対策講座に参加してみませんか?^^

お問い合わせは、
①フリーダイヤル( 0120-083-259 )にお問い合わせ
②当塾HPのお問い合わせフォームよりお問い合わせ
 ⇒https://www.ganbari.com/pamphlet/

皆様からのお問い合わせお待ちしております。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信