~安心して勉強できる学習環境~筑修は新型コロナ感染防止対策に全力で取り組んでいます!

福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

学校紹介:筑陽学園中学校

  • 2021/11/25
  • ブログ

学校の特色

校訓
『人を愛し、ひとに愛される人間』

学特選抜試験合格者を中心に編成され、難関国公立及び私立大への現役合格を目指して部活動と両立しながら学習に取り組む「ハイレベルクラス」と、勉強と部活動にも全力で取り組みながら、基礎から国公立大や有名私立大への合格を目指す「レギュラークラス」で構成されています。
・校外学習が充実しており、社会科見学と校外理科学習が各学年1回ずつの、3年間で計6回行われます。
奨学生制度がとても豊富な種類があります。入学時の奨学生制度は学特選抜試験もしくは特能試験の合格者から選抜されますが、在学してからの成績が優秀であれば、新たに奨学生になることができます。
また、高校進学後は国公立大学進学後の授業料相当額の給付や大学生活費の給付など、高校卒業後も給付を受けることが可能な制度もあります。
・弟妹入学者が毎年20名程度と、入学者の5分の1を占めています。
・2022年2月完成予定で新校舎が建設中です。

入試の特徴

・年々受験者数が増えてきており、福岡県内でも受験者数が上位に位置付けられてきています。
入学者数も、定員80名を超えることが多くなっています。
・1月上旬に実施されるA日程入試では、専願入試併願入試がそれぞれ行われます。
専願入試は国語と算数の筆記試験に加えて面接が実施されます。
B日程入試では一般試験のみ実施されます。
・A日程では一般試験の他に、学特選抜試験と特能試験が行われます。
学特選抜試験
入試成績上位者を学力奨学生として合格させる制度です。基準に満たない場合は一般試験での合格となることがあります。
特能試験(専願入試のみ)
入試成績及び事前に行われる特能試験によって、 特能奨学生として合格させる制度です。基準に満たない場合は一般試験での合格となることがあります。
・特能審査を受けるには、入試説明会で事前の手続きが必要です。
入試説明会当日に1次審査を行い、合格者で2次審査を行います。内容は実技審査(サッカー、テニス、チアリーディング、ピアノなど)もしくは英語や書道、剣道などの級や段位証等を掲示する書類審査のいずれかです。
2次審査合格者のみ、特能試験へ出願可能となります。
・国語と算数の配点が100点である一方、社会と理科の配点が50点となっています。そのため、国語と算数で点数を確保することが合格への大きなカギとなります。

筑陽学園中学校への進学を目指す方におススメのコースはこちら↓↓

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信