~安心して勉強できる学習環境~筑修は新型コロナ感染防止対策に全力で取り組んでいます!

福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

学校紹介:修猷館高校

  • 2021/11/25
  • ブログ

学校の特色

・福岡藩の藩校と創設された東学問稽古所の流れを汲み、筑紫丘高校福岡高校とともに「福岡御三家」と称される九州屈指の伝統を誇る公立進学校です。
九州大学への合格者数は毎年100人以上を記録しており、毎年上位3位以内に入ります。
それ以外にも東京大学京都大学などの旧帝大をはじめ、多くの国公立大学や早慶上智、MARCH関関同立などの難関私立大学に合格者を出しています。
・2年次からの文理選択の際に、以下のクラスが設置されます。
英数クラス
文系と理系両方に設置されます。難関国公立大学進学を希望する生徒が在籍し、通常のクラスより授業の進度が速く、ハイレベルな授業が展開されています。
医進クラス(理系Ⅱ類)
理系において、医学部医学科への進学を希望する生徒が在籍するクラスです。独自のカリキュラム授業カリキュラムで授業を進めるとともに、医学を志すものとしての教養や使命感を育成するための校外学習が行われます。
・カリキュラム作成は大学受験合格よりも全人教育に主眼を置いています。社会に出て「世のため人のため」になれるような学びを念頭に置いています。そのため、3年次での体育の3単位履修や3年文系での地歴2科目を履修など、他の高校では見られないカリキュラムが見られます。
・自主自立の精神と反骨的な校風が代々受け継がれていることから、特に校訓・校則を定められておらず、生徒による大幅な自治が認められています。生徒心得という明文化されたルールはあるものの校則とは呼ばれず、風紀検査も行われていません。学校行事も企画から運営まですべて生徒が行います。

入試の特徴

合格基準は評定42以上、偏差値68以上になります。
(偏差値は模試の種類によって若干異なります)
ただし、公立トップ校は入試本番の得点を重視する傾向にあると思われます。入試本番で高得点を出すことができれば、調査書の内容に問題がない限り、評定40未満の生徒でも合格を勝ち取ることがあります。
・合格のためには、全体的に高いレベルでの学力を備えていなければなりません。
私立前期入試では西南学院高校や福岡大学附属大濠高校(スーパー進学コース)、筑紫女学園高校(Ⅰ類医進コース)など、福岡地区でも最上位の私立高校、コースでの合格を勝ち取ることが必須です。
推薦入試募集定員は入学定員の7.5%と他の公立高校と比べると少なくなっています。そのため推薦入試の倍率も基本的には2倍を超え、福岡県内の公立普通科では最も高くなることがほとんどです。

こちらのブログにも修猷館高校の情報が掲載されています。要check☆↓↓↓

修猷館高校への進学を目指す方におススメのコースはこちら↓↓

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信