~安心して勉強できる学習環境~筑修は新型コロナ感染防止対策に全力で取り組んでいます!

福岡の学習塾 筑紫修学館 >筑紫修学館 スタッフブログ

学校紹介:城南高校

  • 2021/12/11
  • ブログ

学校の特色

・福岡地区では、「福岡御三家(筑紫丘高校、修猷館高校、福岡高校)」に続く公立進学校です。
・2年次以降、文系理系にそれぞれ1クラスずつ「習熟クラス」が設置されます。授業で他クラスより発展的な内容も扱う他に、放課後課外を受講して大学受験を勝ち抜くために必要な学力を養っています。
・普通科の一般コースに加えて、理数コースが1クラス40名設置されています。一般コースとは異なるカリキュラムでの学習に加えて、海洋生物観察実習先端技術体験講座など、理数コース独自の学校行事も設けられています。
・平成22年度より、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に認定されています。第1期SSH(平成22年度から26年度)では「環境」や「エネルギー」等を中心とした「持続可能な社会の実現」に向けた取組、第2期SSH(平成27年度~令和元年度)では、課題研究を行うための基礎力となる探究活動・協働活動を全教科で実施する授業改善と、全生徒による「ESD課題研究」が実施されました。令和2年度からの第3期SSHでは授業改善や文理融合分野の課題研究を継続して実施するとともに、データサイエンス理論と技術を活用した自然科学及び工学分野の課題研究が実施されます。
英語4技能をバランスよく育成し、各学年ごとに定められたGTECの目標到達に向けて、それぞれの技能の到達目標が設定された「英語Can-Do リスト」が策定されています。
九州大学をはじめとした九州内の国公立大学、西南学院大学福岡大学に毎年多くの合格者を出しています。 九州大学への合格者数は各地区トップ校に次ぐ結果を出しており、私立高校の最難関コースと比べて遜色ありません。

入試の特徴

合格の目安は以下の通りです。(模試偏差値は模試の種類によって若干異なります)
普通科:評定38以上、模試偏差値63以上
理数コース:評定評定40以上、模試偏差値66以上
評定に関しては概ね36以上なければ合格者を出さないように調整がされています。中学校での学習をしっかり頑張って、評定を確保することが重要です。
・理数コースでは数学と理科の点数がそれぞれ1.5倍されます。数学と理科で高得点を取ることが、理数科合格に大きく近づくポイントです。
・普通科(理数コース除く)の通学範囲は第6学区に加えて、福岡市立花畑中学校柏原中学校平尾中学校(いずれも第5学区)も含まれています。
・理数コースに関しては、福岡県内全域の生徒が受験できます。
普通科(理数コース除く)の通学範囲から理数コースを受験した生徒が、普通科に転科合格することはありますが、それ以外からの受験者の転科合格はありませんので注意が必要です。

城南高校への進学を目指す方におススメのコースはこちら↓↓

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

アーカイブ


ページの送信